知識を得て安全性を確認してから受けてみよう

顔を小さくする美容整形

医者

小さい顔になることで得られるメリット

顔が大きく見える症状はメイクで改善するのが難しく、マッサージをしても一時的にしか解消しません。また筋肉で凝り固まっている状態はマッサージでは改善できず、エステで施術を受けても小顔になるのは難しいでしょう。咬筋という筋肉発達による顔太りを解消するには、医療機関でボトックス小顔施術を受ける必要があります。美容整形は健康保険が使えませんが、患者さん目線での施術ができるメリットがあります。例えば注射針を例にしても痛みを抑えるために極細針を使用できるなど、保険治療にはない自由度があるのです。エラの筋肉が過剰に進化して顔が大きくなっているなら、ボトックス注射で緩和できます。ボトックスは女性が受ける施術と思われていますが、性別に関係なく対応しています。咬筋を過剰に緩めすぎると噛む力が減退してしまいますが、美容整形では生活に支障のない程度まで減退させるだけなので安心です。ボトックスによる小顔効果は6か月以上継続することが多く、何度か受けることで持続性がアップします。3〜4回くらいを目安に受ければ小顔の状態を長く維持できるようになり、ほっそりしたフェイスラインを実現できるでしょう。輪郭形成をしたい人に最適な施術であり、医療行為のため確かな効果を期待できます。

長期的な小顔効果があるボトックス施術は、美容におけるメリットが注目されています。逆三角形の輪郭形成によって美しい顔立ちになれる、小顔になることで相対的に目が大きくなる、痩せて見られるようになる、などのメリットがあるのです。さらにたるみが発生しにくくなり、ほうれい線やゴルゴ線を予防できる点も注目されており、アンチエイジングを目的に活用する人もいます。日本人はボトックスによる小顔施術を受ける人が多いと言われており、これは日本人特有の顔立ちが原因です。ボディーに対して顔が大きい傾向があり、少なからずスタイルに影響しています。理想のスタイルを挙げるとき、欧米人をイメージする人は多いでしょう。日本で販売されているモデル雑誌のモデルが欧米人というケースはよくあります。ボトックス施術をすれば咬筋を抑制し、筋肉で角ばってしまった顔を整った逆三角形に変えることができます。小顔になることで優しい雰囲気を醸し出せるようになり、周囲から好印象を得られやすいのも魅力でしょう。美容整形には顔を小さくする施術はありますが、大きくする施術は聞いたことがないはずです。つまり小顔になること自体が最高の美容であり、ボトックス施術は老化防止にも役立ってくれるのです。