知識を得て安全性を確認してから受けてみよう

小さな顔になりたい

エステティシャン

費用と悩みを解決する必勝法

小顔にしたい女性が増えてきています。小顔にしたいと考える女性は、どのようなことがきっかけで美容整形をしようとしたかといえば、多くの場合小さな顔の女性の方が男性から注目されやすいからです。あるいは、小さな顔の女性の方が可愛らしいイメージがあるからでしょう。実際に芸能人やモデルの多くは、顔が小さく本物を見ればその小ささに驚く位です。そこで、美容整形外科に通ってボトックス注射などを打つ方法を考えつくはずです。ボトックス注射は、もともとアメリカなどで利用されていましたが、日本で利用されるようになった歴史はそこまで古くありません。それにもかかわらず、爆発的な人気を誇っている理由は、費用が安いからです。今日は、通常の美容整形と異なり、5桁の金額で済ませることができます。従来の美容整形ではちょっと考えられなかった金額と言えるでしょう。このように金額が安いのは、注射だけで結果を出すことができるからです。しかも、副作用等はほとんどありません。ただし、体調不良の時にボトックス注射を打つと、ごくまれに副作用が出ることもあります。また、量を考えずにたくさんの注射をうとうとすると、神経が麻痺する可能性があるでしょう。特に、食事をする時や会話をするときに支障をきたす恐れがあります。

小顔にするためには、ボトックス注射が有効な手段と言われています。かつては、メスを入れる方法などもありましたが、このメスを入れる方法は、筋肉に障害が残る場合があると言われていることもあり、あまり今では利用されていません。例えば、メスを入れて筋肉を除去する手術です。確かに多くの場合エラの部分が大きく見えて顔が大きくなるのは、筋肉が発達しているからです。その場合に筋肉の一部を切除し、顔を小さくする事は物理的に不可能ではありません。しかしその結果、顎の筋肉がうまく働かず、麻痺してしまうこともあります。顎の神経のことを考えれば、むやみに筋肉を切除するべきではありません。その点ボトックス注射は、小顔にするために筋肉の働きを麻痺させて、筋肉の量を減らすことに貢献するわけです。これにより、結果的に顔を小さくすることが可能です。問題点があるとすれば、ボトックス注射の効果になります。1回注射をすれば、いつまでも効果が持続すると考えているはずですが、実際には、3ヶ月から半年程度で効果が徐々に薄れてきます。そうだとすれば、継続的に小顔にするためには、定期的に美容クリニックに通い注射を打ち続けなければいけないわけです。んこのように、どれぐらいの効果が期待できるかをよく考えて、注射を打つようにしましょう。